居酒屋におけるposレジの使用例

従来の居酒屋はどんぶり勘定で何がどれくらい売れているのかはわかりませんでした。店主の気持ちひとつで価格やメニュー構成が決めらていました。



常連客しかいない居酒屋であれば通用します。しかし、新規顧客を開拓したいと考えた場合にデータがなければ何をしたら良いのかを把握することはできません。
店主の考えが誤っていれば失敗する可能性もあります。


そこで注目したいのがposレジです。

これまで店主の頭の中で算出していた内容を客観的にわかるデータとして表示することができます。
時間帯によって客層に違いはあるのか、新メニューはどの年代に人気なのかなどposレジを導入することで見えてきます。
居酒屋でもカップルが多い、ファミリー層が多い程度ならば目視で確認すれば良いのですが、何がいくつ売れているのかはデータを確認しなければわかりません。

満足度の高いマイナビニュース情報が絶対見つかります。

posレジであれは、客層や人気商品を見つけることができるだけでなく、従業員が多い又は少ない時間帯もデータとして表示されるようになります。
データ経営で必要な要素は全て提示してくれます。

しっかりとしたポスレジの様々な相談を受けることができます。

このようにどんぶり勘定で経営をすると無駄な部分を見つけることは困難ですが、posレジを導入することで無駄を省いた効率的な経営を実現することができるようになります。現在ではデータ経営をすることは難しいことではありません。

システムが全てはじき出してくれるので、経営者はデータが偏っている部分だけを全体が同じようになるよう調整をするだけです。