posレジで居酒屋経営を効率化

posレジの「pos」とは「PointOfSale」の略で、販売した時点という意味になります。



これは、お客様が購入した商品の情報が販売の時点でそのままレジから登録され、情報管理が円滑になるシステム、あるいはレジそのものの総称ということになるでしょう。


近頃はposレジも目覚ましい進化を遂げ、以前は商品のみの情報管理に特化していたものが、だんだんとスタッフの勤怠管理やシフト作成、顧客情報の管理など、経営にまつわるあらゆる業務を一本化できるシステムが増えてきました。
特に1日の中で商品やスタッフの出入りが激しい飲食店や居酒屋産業で重宝されるようになり、居酒屋経営に特化したposレジが登場するほどの勢いです。
商品の売り上げ内訳が一目でわかり、混み合う時間帯の最適なスタッフ配置を算出、客層を正確に把握することによってリピーター獲得のためのマーケティングに繋げることも可能なposレジは、もはや居酒屋にとって必須のシステムと言えるでしょう。

個人経営の小さな店舗オーナーの中には、大手でなければ利用する必要がないと考えていらっしゃる方もいるようです。

マイナビニュースに関する良い情報をご紹介するサイトです。

しかし、経営戦略に悩む方の中には、posレジの導入によって正確なお店の情報を把握し、自らの店舗が持っている「強み」を知ることで、経営改善に繋がったというケースも多数存在します。
現在は、用途に応じて月額が変わるお得なプランもあり、導入自体は無料というサービスさえあります。



コンサルティングにも応じてくれる業者も多数存在しますから、売り上げアップを目指す方ほど導入をおすすめしたいシステムです。